学芸員のひとりごと

美術教科書に載る巨匠の名品が集結

安来市加納美術館では、特別展「名品と出会う」を開催中です。山あいの小さな美術館に美術教科書に載る巨匠たちの絵が集まりました。なぜこのような展覧会を開くのか、その理由をお伝えします。

出品作品は、全て公益社団法人糖業協会(東京都)の所蔵品。同協会は、前身の日本糖業連合会の頃から長年にわたって地道な絵画収集を続けてきました。コレクションの中心は日本の近代洋画。とりわけ、独立美術協会の画家の作品が半数以上を占めます。
大正から昭和にかけて、次々に在野の美術団体が結成されました。例えば、二科会は1914(大正3)年に有島生馬、石井柏亭、梅原龍三郎ら、文部省美術展覧会(文展)の保守性に反対する画家たちによって創設され、後に安井曽太郎、熊谷守一、中川紀元、児島善三郎、里見勝蔵、東郷青児なども加わりました。また、1928(昭和3)年には国画会が結成され、川島理一郎や二科会から移った梅原が活躍します。1935年、美術界の国家統制を計るべく帝国美術院美術展覧会(帝展)が改組されると多くの画家が反発し、猪熊弦一郎、小磯良平らが新制作派協会を創設。山口薫も自由美術家協会を結成しました。
ところで、20世紀初頭にフランスでフォーヴィスム(野獣派)という美術運動が興ったのをご存じでしょうか。なによりも豊かな色彩表現力が魅力的です。それに感動した林武、斎藤与里らは日本でフォーヴィスム運動をけん引しました。
その延長に独立美術協会が位置します。井上長三郎、伊藤廉、中山巍、福沢一郎、清水登之らは、風景に心情を託した作品を描いて日本独自の洋画を生み出します。当地出身の加納莞蕾は、ここを活動の場として中山らと親交を深めていきました。1939年からの4年間を除いて出品し続けた莞蕾はやがて会友となります。e0132674_18252128.jpg
戦後、自らの戦争責任を反省し続ける一人の元軍人と出会ったのを機に、莞蕾は戦争画を描いた責任と向き合うようになります。そして、フィリピンの刑務所に収容されていた日本人戦犯の赦免運動を始めるのです。その際、「このままでは筆を持てない」とフィリピン大統領に訴え、一切の公募展への出品をやめました。
本展を通して、画家たちの創作意欲や工夫、それによろこびを体感して欲しいと思います。そして、戦後、絵を描く仲間と別れ、恒久平和を求める活動に邁進した莞蕾の深い思いを知って頂きたいと願っています。(写真は安井曽太郎「女と犬」)
[PR]
# by zingakugei | 2018-04-19 18:26 | 安来市加納美術館

「三浦義武缶コーヒー誕生物語」について

e0132674_20104970.jpg
私は日本各地の埋もれている歴史素材の価値を明らかにし、その魅力を広く伝える仕事を長年続けてきた。平成12(2000)年4月、日本画家石本(いしもと)正(しょう)(1920‐2016)の作品を収蔵・展示する石(せき)正(しょう)美術館開設のために島根県西部の石見地方に移り住んだが、それ以来この地の歴史素材の発掘と調査に明け暮れている。
特に心惹かれたのが、今も千数百枚の棚田が残る浜田市三隅町の室谷(むろだに)棚田だった。棚田の成立事情を調べていた時、集落の方に「あの石垣の残っているのが、世界で初めて缶コーヒーをつくった人の生家跡です」と教えられた。それで三浦義武(1899-1980)を知った。
その後、福岡の森光宗男氏が浜田での取材を元に書いた義武についてのご労作を読んで感動した。ただ短い日程での取材だったせいか、そこにはいくつもの誤謬が見られた。そのお蔭で私の研究意欲に火が付いた。義武の仕事を正しく伝えるのがこの地に住む歴史地理学研究者としての使命だと勝手に思い込み、史・資料を集め、知己の人々を訪ね歩くようになった。
 ある時、『日本経済新聞』平成9(1997)年12月28日の紙面に「その記事ちょっと待て」という記事が載っているのを見つけた。「昭和44年に世界で初めて缶コーヒーが販売された」と報じた9月7日の同紙の記事を読んだ作家の三浦浩が、「4年前に父親が島根県浜田市で製品化していた」と連絡したことから、担当記者が真偽を検証して記事を訂正したものだった。そんなこともあって、「義武さんの波乱万丈の人生を小説にしてはどうか」と友人たちは浩に執筆を勧めたが、彼は頑として書かなかったという。その後、浩が平成10年3月24日に67歳で亡くなると、地元でも義武の仕事は忘れられていった。

義武は、若い頃に独自のネルドリップ技術を駆使してカフェ・ラールという濃厚コーヒーを編み出した。そして、昭和10(1935)年12月から2年間、東京日本橋の白木屋デパートで週末に開かれた「三浦義武のコーヒーを楽しむ会」でそれを提供し、多くの人々を魅了した。
戦時中に帰郷して一時政治に関わるが、コーヒーへの思いが募り、昭和26年に浜田市紺屋町に喫茶ヨシタケを開店。戦前と同じような濃厚なコーヒーを提供し、味に自信を持つと缶詰にしてヨーロッパに輸出しようと考えた。当時、複数のメーカーが缶コーヒーづくりを試みていたが、メッキ技術が未熟なため、缶に穴が開いて失敗していた。義武は、大阪の製缶工場に依頼して腐食しにくい缶を開発して貰って遂に缶コーヒーの製品化に成功した。
父親が缶コーヒーづくりに勤しんでいた頃、三浦浩は産経新聞の記者をしていた。直属の上司は司馬遼太郎だった。浩の結婚式で島根を訪れた司馬は義武と知り合う。そして、一途な義武を気に入り、ついには缶コーヒー販売に協力するようになった。そんな訳で、昭和40年9月14日、缶コーヒーを日本橋の三越デパートで販売した時のあいさつ状に、「われわれは、絵画において富岡鉄斎、陶芸において柿右衛門を誇るがごとく、コーヒーにおいてかれを世界に誇っていいであろう」という司馬の推薦文が載った。
200グラム入り80円の缶コーヒーは「ミラ・コーヒー」と命名され、翌年3月からは関西の百貨店や駅の売店で本格的に販売された。テレビやラジオでCMも流れ、飛ぶように売れた。しかし、販売先からの入金が滞ったり、代金を踏み倒される事例が増えていった。資金繰り悪化とブラジル産生豆の高騰のため、昭和43年に製造を中止した。

平成17年9月、広島修道大学の中根光敏氏が訪ねてきた。喫茶ヨシタケを知る人々との会話を通して、中根氏は「石見の小さな町にコーヒーの味の判る人がこんなにいることに驚きました」と話していたのが忘れられない。
この頃から、義武が淹れた濃厚コーヒーを飲みたいと思い始めた。そして、誰もやっていないのならば自分が淹れようと考えた。それは無謀な挑戦だった。義武が残した資料には、豆の配合・焙煎の度合いなどが載っていたが、肝心の抽出方法はどこにも書かれていなかった。手がかりを求めて方々訪ね歩いたが成果は得られない。困り果てていた平成22年7月、義武を助けていた三浦晴江氏が訪ねて来て、コーヒーの淹れ方を教えてくれた。それは常温の水を入れながら粉をかき回し、最後にお湯を加えるという驚くやり方だった。
翌年10月、「広島でコーヒーを楽しむ会」が開かれ、中根氏の仲介で廣瀬幸雄氏と星田宏司氏に出会えた。お二人に後押しされて、『コーヒー文化研究』19号に「三浦義武-コーヒーに人生を捧げた石見人-」という拙文を寄稿させていただいた。
平成24年9月に試作品が出来上がり、改良を重ねて翌年10月の室谷棚田まつりで披露した。さらに店に通っていたという方々に味見して貰い、約1年かけて「店で提供していた味に近づいた」と言われるようになった。
平成26年11月、廣瀬氏にご助力頂いて浜田市内で「コーヒー学入門」を開催し、約150名にコーヒーを提供した。その際、福島達男氏や繁田武之氏ら日本コーヒー文化学会の会員も駆けつけて、豆の挽き方やネルの素材や縫製方法について懇切に指導下さった。さらにランブルの関口一郎氏や福岡の森光氏にもご教示いただいた。焙煎や抽出についてプロの元で研鑽を積んだ経験のない私を導いてくれたコーヒー文化学会会員の皆様に心よりお礼申しあげたい。
翌年7月、浜田の久保田章市市長の肝いりで、三浦義武の精神と技術を正しく伝えるべくヨシタケコーヒー認証制度が始まった。目指すは「コーヒーの薫る町づくり」。そのための講習会が開かれ、試験に合格したメンバーがさらに研鑽を積んだ。彼らは9月に島根県立大学浜田キャンパスで開かれた「浜田でコーヒーを楽しむ会」で各地から集まった約170名に濃厚なコーヒーを振る舞った。このメンバーは、その後も中根氏や福島氏の力をお借りしながら、より洗練された質の高いコーヒーを提供するべく奮励している。

平成28年秋、地元新聞社が義武の仕事を正しく伝えるべく出版を検討したが不調に終わった。折角の機運を消したくないという思いが募って中根氏に相談したところ、京都の松籟社を紹介して下さった。それで本書が生まれた。ただただ感謝しかない。拙著が浜田市の推進する「コーヒーの薫る町づくり」に少しでも役立てば幸いである。また、地方のコーヒー文化の研究が一層進んで欲しいと願っている。

「三浦義武缶コーヒー誕生物語」、松籟社、2017年10月発行、1500円(税別)
[PR]
# by zingakugei | 2018-04-16 20:04 | 三浦義武と缶コーヒー

2017年大平桜開花情報

2017年の三隅大平(おおびら)桜は、例年より1週間遅れています。e0132674_21571805.jpg

4月2日夕方は「蕾膨らむ」状況です。
4月4日もしくは5日の開花が予想されます。満開は10日から12日にかけてと予想されます。
今年は花芽が多く、数年振りに「雪の小山」が表れると思われます。
金谷城山桜、井川一本桜、いずれも蕾固し。開花は週末と見られます。


[PR]
# by zingakugei | 2017-04-03 21:57 | 石見の一本桜

人生の縮図ー山﨑修二「崖と海」-

e0132674_14061832.jpg

安来市加納美術館で3月18日から「洋画家山﨑修二の世界」展が始まった。会場には、デビュー作の「裸婦像」から晩年の「崖と海」までの約50点が並んでいる。

山﨑修二は島根県能義郡大塚村に生まれた。幼い頃から絵を描くのが好きだったが、米子中学校(現米子東高校)4年生の時にフランス帰りの前田寛治に会って、図抜けた画力に衝撃を受ける。これを機に松江洋画研究所に通い始め、翌年夏の夏季洋画絵画講習会で斎藤与里と出会った。

斎藤は、パリ留学中にセザンヌ・ゴッホ・ゴーギャンら後期印象派の作品に魅せられるとともに、作家の感覚を重視したフォーヴィズム(野獣派)の表現に感動した。帰国後はフューザン会や槐樹社の創立に参加する一方、各地の講習会で熱心に指導した。

山﨑が斎藤と出会ったのは1927年の松江洋画研究所の夏季講習会だった。17歳の青年の才能を高く評価した斎藤は、山﨑に画家になるように奨めた。しかし、山﨑は家の事情で躊躇して悩み続ける。そのような時、岡田三郎助のもとで絵を学んで帰郷した加納莞蕾から絵を描く喜びを教わり、絵描きの道を進もうと決意した。

やがて石見で暮らすようになった山﨑は、身の回りの風景や人物を描くようになる。青い空、緑の森、赤瓦の屋根などが描かれた作品は石見の独特の景観を見事に捉えている。学校の教え子や家族などを描いた絵にはモデルへの慈しみがあふれている。

67年、定年1年前に退職した山﨑は、絵画研究のため欧州に旅立った。レンブラント晩年の自画像を見た彼は、その表現力に衝撃を受けた。そして、苦悩の末に「天才は天才の絵を、凡人は凡人の絵を精一杯描けば良い」という答えを導きだした。その後、日展出品も止め、洋行を繰り返しながら心の赴くままに絵を描いた。作品は明るさを増し、色調も多彩になった。

山﨑は、佐藤一章ら先達との出会いを通して技を磨くとともに、謙虚さや誠実さを身につけていった。会場の絵の変遷を見ていると、良き師を次々と訪ねて修行を重ねた善財童子という釈迦の弟子の姿が浮かんでくる。

会場の最後にあるのは「崖と海」という作品だ。57年8月、山光会10周年の講習会に狭心症から回復したばかりの斎藤与里がやってきた。講習会終了後、山崎は齋藤とともに島根の海岸を旅した。それが二人の最後の旅となる。その時の思い出を描き始め、40年かけて完成させた。

早朝の石見の海岸。茜色の空の下に島根半島の山並みが見える。その向こうにはふるさと安来がある。望郷の気持ちと恩師との思い出が交錯してこの絵を描かせたのだろう。随所に見られる細やかな筆跡は、若い頃の斎藤の描き方に似ている。

作品を通して、一人の画家の人生の旅路に想いを馳せていただきたい、そう願いながら会場を廻っている。



[PR]
# by zingakugei | 2017-03-27 14:08 | 安来市加納美術館

2017年3月25日 佐々木桜が開花

e0132674_20004888.jpg
お待たせしました。2017年3月25日、佐々木桜が開花しました。
朝方、つぼみが赤くなって大きくふくらんでいましたが、12時頃に10輪ほどが開花しているのを確認しました。
佐々木桜は推定樹齢300~350年のエドヒガンザクラ。石見の一本桜の中で最も早く咲くことで知られていますが、例年より4日遅い開花です。昨年に比べると6日遅いことになります。数日後には大平桜や金谷城谷桜も開花します。

佐々木桜の場所は、三隅インターから1・2分ほど、国道9号線子落交差点のすぐ横です。浜田市立石正美術館に入る三差路を右折したところにありますので、とても分かりやすいです。
石見の一本桜を巡る方は、是非お立ち寄りください。
なお、石正美術館のしだれ桜はつぼみが大きく膨らんでいます。こちらもあと数日で咲くと思われます。
今年、一本桜はそれぞれ花芽が多いとの情報が寄せられています。楽しみがいっぱいです。

[PR]
# by zingakugei | 2017-03-25 20:04 | 石見の一本桜

人形作家安部朱美展に寄せて

ある春の日の午後、人形作家安部朱美さんを訪ねて米子市のご自宅に伺いました。玄関を開けると、安部さんがいくつもの塑像とともに出迎えて下さいました。応接間には、数多くの人形とともに陶器やレリーフもありました。「昭和の家族」の人形で有名な安部さんですが、時代を超えた母性愛や家族のいたわりをテーマに多くの作品を生み出してきたことを知りました。
1981年に粘土人形創りを始めた安部さん。それは自らの内面を探る作業であり、時には苦しみもがくこともありました。「もうこれで止めにしよう」と決めて出品した2007年の「京都宝鏡寺門跡人形展50周年記念人形作品公募展」で大賞を受賞。それを見た方が、昭和をテーマにした人形づくりを勧め、2010年に全国巡回展を企画して下さいました。各地で反響を呼んだこの展覧会を通して、家族愛の大切さを伝えたいと思うようになったといいます。
安来市加納美術館は、恒久平和を願い続けた画家加納莞(かん)蕾(らい)(1904~1977年)の思いを伝えるべく、家族連れで楽しんで貰える企画展を夏に実施しています。家族で思いやりや愛、人と人のつながりを考えていただき、平和を身近なものに感じて貰えるようにしたいと願ってのことです。
安部さんの創作姿勢と35年の道程(みちのり)に感激して、展覧会の実施をお願いしました。鎌倉や名古屋での展覧会の準備に追われていたにも関わらず、安部さんは申し入れを快諾して下さいました。そして、展示プランづくりはもちろん、作品搬入や展示作業もご主人と二人でして下さいました。安部さんご夫妻の懸命な姿に心打たれて職員もお手伝いしました。
制作に際して、語り過ぎず、創り過ぎないように心がけているという安部さん。見る人がそれぞれの想いを重ねてくださるようにと願ってのことです。その思いを大切にしたいと思い、パネルや解説は極力減らしました。出来上がった展示室には、安部さんが創り出した人形たちがキラキラ輝いています。人形を飾る様々な細工物も無垢で素朴で美しく、人形とともに優しい和みの世界を創り出しています。
会場の一画には、加納莞蕾が子ども達の幸福を願って記した言葉に向かって手を合わせる老婦人の人形が展示されています。時代や国境を超えた普遍的な愛や哀しみ、人と人の絆を表現したいと願う安部さんと莞蕾の願いが通じ合うものだと語っているようです。
心が通いあう喜びを伝える人形達を家族一緒に鑑賞していただけたら幸いです。
e0132674_15152952.jpg

[PR]
# by zingakugei | 2016-08-06 15:16 | 安来市加納美術館

大平桜開花(2016年の開花状況)

浜田市三隅町矢原にある大平桜(おおびらざくら)は、3月27日に開花しました。
去年と同じように花芽をうそに食べられて上の方には花がないようです。
見ごろは4月2日・3日の大平桜まつり頃と思われます。
今年も、観光コンシェルジュが大平桜の「物語」をお話しさせていただきます。

大平桜に来られたら、石正美術館のしだれ桜、井川一本桜、金谷城山桜(益田市美都町山本)などもお訪ねください。
《下の写真は昨年の大平桜》
e0132674_2221388.jpg

[PR]
# by zingakugei | 2016-03-29 22:22 | 石見の一本桜

佐々木の桜開花

2016年3月19日、石見の一本桜のトップをきって佐々木桜が開花しました。
推定樹齢300~350年のエドヒガンザクラです。
石見の一本桜の中で最も早く咲くことで知られていますが、今日開花しました。平均開花日より3日早いです。昨年に較べても2日早い開花です。

佐々木桜の場所は、国道9号線子落交差点のすぐ横です。浜田市立石正美術館に入る三差路を右折したところと言った方が分かりやすいかも。これから大平桜、海老谷桜、井川の一本桜、金谷城谷桜が次々に咲きます。ソメイヨシノとは違う孤高の桜を愉しんでいただけたら幸いです。
e0132674_1941886.jpg

[PR]
# by zingakugei | 2016-03-19 19:41 | 石見の一本桜

安来で義武を楽しむ会

e0132674_11332643.jpg

安来に住んで11か月経ちました。
この間、ヨシタケコーヒーの講習会で、何度も浜田に通いました。
このほど、普段お世話になっている安来の方々にもヨシタケコーヒーを味わっていただくべく、「安来でヨシタケコーヒーを楽しむ会」を開催することになりました。
この日は、ネルドリップの魁として知られ、世界で初めて缶コーヒーを製造・発売した三浦義武のコーヒーを味わっていただきます。
また、三浦義武の生涯を紹介する紙芝居を上演します。
独特の香りと深い味わいをお楽しみいただくとともに、三浦義武のコーヒーにかけた思いに触れていただければ幸いです。

 日 時 2月28日(日) 午後2時~4時
 場 所 安来市加納美術館 別館レストラン
 参加費 一人500円
 定 員 50名(予約不要、当日先着順で受け付けます
 その他 詳しい内容は安来市加納美術館(0854-36-0880)にお尋ねください。
 
[PR]
# by zingakugei | 2016-02-19 11:36 | 三浦義武と缶コーヒー

「山陽の三巨匠春を愉しむ」始まりました

1月11日(月)、今日から企画展「山陽の三巨匠春を愉しむ」が始まりました。
当館には、岡山出身の小野竹喬、池田遙邨、金重陶陽の三巨匠の作品が数多く収蔵されています。
その中から、春の到来を感じさせる作品約90点を選んでみました。

同じ時代に活躍した三人は、真実一路を一歩一歩足元を確かめながら歩み続けた求道者です。かけがえのない人たちと出遇い、それが制作に新たな力を与えました。
展示室に並ぶ作品は、彼らの人生の旅の足跡です。
無事初日を迎えることが出来てほっとしています。
e0132674_20282768.jpg

            小野竹喬「雪晴」
[PR]
# by zingakugei | 2016-01-11 20:29 | 安来市加納美術館



安来市加納美術館館長の神(じん)英雄が島根の魅力と美術館情報をお届けします!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
記事ランキング
最新の記事
画像一覧
検索
その他のジャンル
以前の記事
ブログジャンル